bg_blank
オニオンケットについて

なぜオニオンケットを開催しますか?
Why Did You Create OnionKet?

オニオンケットは、コロナウィルスの影響から生じましたオンラインのみ同人誌イベント(エアコミケなど)に対する対応です。コミックマーケットは元々同人誌のファンによって計画され、独立クリエイターが自由に売買するできる空間を設けるために開催されました。


しかしながら、エアコミケなどのオンラインイベントはインフラのために営利目的の企業に非常に頼ります。独立クリエイターは宣伝するのにTwitterなどのSNSに頼り、販売するのにDLSiteやbooth.pmまたはメロンブックスなどのプラットフォームに頼ります。


残念ながら、現在のインターネット上に道徳的そしてイデオロギー的な検閲が拡大しています。アーティストはますますコンテンツが原因で狙われています。結果としてSNS上のアカウントは削除され、プラットフォームからコンテンツも削除されてしまいます。


とある企業たち(例えばTwitterやソニー)はこの検閲と積極的に協力しています。他の企業(DLSite、booth.pm、メロンブックス)は協力していません…少なくとも、今のところ。でも最近の出来事を考えると、その企業たちをいつまでも信頼できると限らないでしょう。


例えば、昔はソニーが成人向けゲームメーカーをサポートしていましたが、最近は意外と厳しくなり、ゲームのコンテンツを積極的に検閲しています。2021年2月より大手クレカ会社から日本の複数出版社に対して商品表題に特定の表現がある場合扱えなくなる旨通知がありました。いずれは、検閲の協力を望まない企業までも、経済的締め付けを受ける可能性はずいぶんあります。


これらの諸企業は、いつまでも圧力に抵抗すると信じて手をこまねいて何もしないでおくわけにはいきません。同人誌文化の表現の自由を保護するため、独立クリエイターとファンは営利目的の企業に頼らないインフラを整備して使い始めるべきです。オニオンケットはそのインフラを提供し、発展させるために作られました。

オニオンケットではどんなコンテンツでも許されますか?

オニオンケットはアーティストには表現の自由を保護する、検閲から防衛するために作られました。ただし、人の権利を侵害するためのイベントではありません。どれほど議論の的になっても、タブーであっても、全ての芸術的表現はオニオンケットで歓迎されます。でも自由の対価は自己責任です。そんな訳で、人の権利の侵害に基づくコンテンツ、それとも人の権利の侵害とつながるコンテンツはオニオンケットで歓迎されていないし、オニオンケットの一部として宣伝されません。歓迎されないコンテンツの一例とは…

  • 個人情報:無断で第三者に関するプライベートな情報それとも個人情報を発行すること
  • 虐待:実在の人物・生き物への虐待の撮影あるいは録音に基づくコンテンツ
  • 扇動:実際の暴力行為の扇動、それとも他の権利侵害の扇動に基づくコンテンツ
  • 悪質なコード:秘匿サービスを訪れるユーザに的を絞るウィルスなど
カタログに追加する前に、オニオンケット主催者は全ての.onionサイトをスクリーニングします。以上の条件を違反しているように見えるコンテンツを拒否する権利を留保します。適切な場合には、提出されたコンテンツを法執行機関に提供します。余計なことをしないで下さい。

これは安全ですか?

オニオンシェアTorブラウザ、そして他の秘匿サービスをアクセスさせるアプリはオープンソースソフトウェアであり、世界中で多くの人々に利用されています。オニオンケットで使用されるソフトウェアツールをインストール、利用することは本質的に危険ではありません。

とはいえ、世界中の政府は言論の自由を保護できるソフトウェアに対して反対するようになっています。念には念を入れて、Torブラウザまたはオニオンシェアをダウンロードするには信用VPNまたは他のプロキシサービスを利用するのは賢明なことだと思われます。


ただし、カタログ内の各.onionサイトのコンテンツはそのサークルのみにコントロールされています。オニオンケット主催者はカタログ内のサイトをスクリーニングするためにあらゆる努力をしますが、ダークウェブを訪れると自身の安全性を確保するのは自己責任です。そういう責任を負うことを望まないのであれば、オニオンケットに参加しないでお願いします。

これは無料ですか?

はい、無料です。オニオンシェアTorブラウザはフリーソフトであり、そしてサークルや一般参加者に対して参加料がありません。サークルは.onionサイトに仮想通貨アドレスを追加するかもしれない、そしてコンテンツを楽しむ方々は自主的に寄付することを勧められます。

オニオンケットでコンテンツを販売して儲かることができますか?

オニオンシェアの限界により、簡単な.onionサイトにオンライン店舗を実行させるのはかなり難しいと思われます。このソフトウェアは特にオンラインストアを経営するではなく、情報の共有を目的としています。どうにかオニオンシェアで有料コンテンツ配信システムを実行できる方法を見つければ、どうぞ実行して下さい。でもこのイベントの主目的はクリエイターが利益を得ることではなく、検閲から防衛することです。

仮想通貨を利用する方、自由にウォレットアドレスを.onionサイトに追加してファンから寄付を求めて下さい。他の支援プラットフォームを使う方はそのリンクも追加するのを勧めします。
OnionKet was created in response to online-only doujin events (like AirComiket) which arose due to the effects of COVID19 lockdowns on traditional events. Events like Comiket were created by fans of doujin culture, and made fan-run spaces for independent artists to buy and sell their work freely among themselves.

However AirComiket and other online-only events rely heavily on infrastructure created and maintained by for-profit corporations. Independent artists use social media networks like Twitter to share links to their work, and sell through platforms like DLSite, booth.pm, MelonBooks, and others.

Unfortunately, there is a rising trend of moralistic, ideologically driven censorship on the modern internet. Artists online are increasingly targeted for their content, which result in accounts being shut down, and artwork being removed from corporate-run platforms.

Some of these corporations (like Twitter and Sony) already actively cooperate in the censorship. Others (like booth.pm, DLSite, and MelonBooks) do not...yet. Recent events, however, show that these corporations cannot necessarily be trusted, even if they aren't overtly malicious.

Sony, for example, once published a number of adult-oriented games, but has recently become very unfriendly to Japanese eroge creators. And from February 2021, major credit cards have begun telling Japanese publishing companies that they would not allow works with controversial words in the title. Even companies that don't want to cooperate with censorship may be financially pressured into it.

We cannot afford to wait and hope that our favorite companies won't cave in to the same kind of pressure. In order to preserve the free expression of doujin culture, independent artists and fans need to start building and using infrastructure that does not depend on these for-profit corporations. OnionKet exists to give them that infrastructure.

Is Any Content Allowed in OnionKet?

OnionKet exists to protect artists from censorship and preserve their right to freedom of expression. It does NOT exist to violate the rights of others. OnionKet welcomes any and all forms of artistic expression in any digital medium, no matter how controversial or taboo. But the price of freedom is responsibility. As such, content that is derived from, or leads to, the violation of others' rights is not welcome, and will not be promoted as part of OnionKet. Examples of unwelcome content are...
  • DOXXING: posting private or personally identifiable information about third parties without their consent
  • ABUSE MATERIAL: reproductions of harm to real-world people or animals
  • INCITEMENT: calls for real-world violence or other rights violations
  • MALICIOUS CODE: viruses etc that target visitors to the Hidden Service
OnionKet organizers screen all entries before including them in the catalog, and reserve the right to exclude content that appears to violate the above terms. Where necessary and appropriate, submissions may be forwarded to Law Enforcement for investigation.

Is This Safe?

OnionShare, the Tor Browser, and other apps that allow access to Hidden Services are open source software used by many people. None of the tools used or promoted by OnionKet are inherently dangerous to install or use.

That being said, many governments around the world are becoming more hostile to free-speech enabling software. Out of an abundance of caution, you may want to use a trusted VPN or some other proxy service to download Tor Browser or OnionShare.

The content of individual .onion sites, however, are controlled by the creators of those sites alone. The organizers of OnionKet make every effort to screen all the content in the catalog, but you are responsible for your own safety when browsing the Dark Web. If you are not comfortable with this responsibility, do not participate in OnionKet.

Is This Free?

Yes. OnionShare and the Tor Browser are free software, and there is no entry fee for either circles or participants. Circles may put a cryptocurrency address on their .onion site, and participants are invited to pay a voluntary donation when they enjoy the content they produce.

Can I Make Money Selling My Content In OnionKet?

Because of the limitations in OnionShare, it would be very difficult to create online storefronts in a simple .onion site. The software is geared towards freely sharing information, not running a storefront. If you can find a way to create a paid content delivery system within OnionShare, you're welcome to try. But the main focus of this event is to help creators resist censorship, rather than to make a profit.

If you use cryptocurrency, you are welcome to add your wallet address to your .onion site and ask your fans to support your content voluntarily. If you use any other support platforms, feel free to add links to them on your site as well.